スタッフブログ

月別アーカイブ

2021.11.24

【千駄木・中目黒店先行】日本酒「醸し人九平次うすにごり」予約受付開始!

 前回も大変ご好評頂きました
「醸し人九平次 うすにごり」が
来年2月下旬~3月上旬頃発売となります!

萬乗醸造が完全受注生産で
年に一度だけ販売する“生酒”の商品。
ご予約頂いたお客様だけの限定販売です♪

本日11/24(水)より、
千駄木店・中目黒店で先行予約を承ります。


醸し人九平次 うすにごり 生酒
(かもしびとくへいじ)




日本酒/愛知県/萬乗醸造

1.8L   3,960円(税込)
720ml   1,980円(税込)

【アルコール度数】16%
【使用米】黒田庄産 山田錦

この品は生酒です。それゆえ、限られた季節の中で輝きを放ち、天地のリズムと共に、まだ瓶の中で息づいています。自然の摂理と、造り手の静謐な思考から生まれるこのFUSION(融合)は、皆様を、きっと日常から解き放ちます。そんな生まれたてのSAKEをお楽しみ頂ければ幸いです。
(蔵元コメント)

※本品は生酒につき、冷蔵庫にて保管をお願いいたします。また、お手に取られたら、極力お早めにお召し上がりください。


【黒田庄について】
黒田庄地区は兵庫県西脇市の北東部に位置し、山田錦の育成条件が揃う数少ない地域のひとつです。
萬乗醸造は、ワイナリーが自ら葡萄を育てる“ドメーヌ”のように、「自ら耕作したお米で、日本酒を醸したい」と考え、2010年より蔵から離れた黒田庄の地で山田錦の栽培を始めました。
日本酒の造り手として毎年起こる田園のドラマを語る資格を得るため、その地に移り住み田植えから収穫まで責任を持つ。そしてそのお米で、自ら日本酒にする。農家からのスタートではない分、収穫量よりも一粒にポテンシャルを求められることが強みでもありました。
自社で米の栽培を行うことで、その年の天候や収穫した酒米の状態などを詳細に記録し、毎年蔵元からは自社田のビンテージレポートが送られてきています。


(▲黒田庄の風景)

今回ご案内する「醸し人九平次 うすにごり」に使用する山田錦は、10年程前から長く萬乗醸造とお付き合いのある農家さんが、この黒田庄の地で育てています。
日照時間・降水量・気温推移・寒暖差などから最適地となっている黒田庄で育った山田錦で醸した、新酒の時期にしか楽しめないフレッシュな味わいを是非お楽しみください。

また、毎年山田錦を育てている内に、米を育てた黒田庄でそのままSAKEまで醸したいという思いが強くなっていった萬乗醸造は、今後「田と蔵の直結」を目指し、黒田庄の田の中に新しい蔵を持つ予定とのこと。
こちらの新蔵からの商品リリースについては現在未定となっておりますが、今後のご案内をどうぞご期待ください♪


◆千駄木・中目黒店舗ご来店の方お客様(店舗でのお受け取り)
予約方法:お受け取り頂ける店舗へ直接"ご来店"または"お電話"にてご予約をお願いします。
【千駄木店舗】03-3821-4573
【中目黒店舗】03-5784-4584

予約受付期間:2022年1月30日(日)まで(各店舗営業時間内)
受け渡し期間:入荷日より2週間以内予定

※商品の入荷は、2022年2月下旬~3月上旬頃を予定しております。
仕込みの状況により入荷時期が前後する場合がございます。
※ご予約本数によっては、商品の入荷が分納となりますので、2回目の入荷分からご用意させて頂く場合がございます。
正確な入荷日が分かり次第ご案内させて頂きます。
※商品が入荷しましたら、Twitterにてお知らせ致します。
(アカウント:@isego1706)


★商品の郵送をご希望のお客様
オンラインショップでのご予約は、予約締め切り日がしばらく先の商品の為後日開始させて頂く予定となっております。
詳細が決まり次第ご案内させて頂きます。

カレンダー

«11月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

フィード

ブログ内検索