スタッフブログ

2013.07.17

春雨タイムマシン

泡盛は時と共に味わいが増します。時を操る魔術師はいませんが、時を操ったかのように味わいを理想に近づける・・そんな泡盛はありました。時を超える泡盛・・・「春雨」。

さあ皆さん一緒に『タイムマシンにのりませんか?』

夏です。海です。沖縄です。泡盛です。ついにこの季節がやってまいりました。ジリジリと焼けつくような日差し、吹き出る汗、渇くのど・・夏真っ盛りの季節が来ると沖縄に行きたくなります~が、先立つものがない私にとっては「沖縄気分」を十分に味わうのがせめてもの楽しみ。「BEGIN]や「やなわらばー」を聞きながら泡盛を呑む。う~ん最高!・・・待てよ、泡盛は何を呑もう。沖縄に行けないのだから、せめて最高級の泡盛を呑もう!!ということで時をかける泡盛、宮里酒造さん「春雨」の紹介です。泡盛好きには有名な「麹の魔術師」こと宮里さん。黒麹のみで仕込む泡盛ですが「春雨」は麹に時間をかけて、味わいのバリエーションをつくりあげます。味わいの幅を持たせるスペシャリスト、まるで時をコントロールしているかのような・・・

さあ皆様、だんだん「春雨」が呑みたくなってきましたね~、のどが鳴ってきましたね~

では皆様、そろそろ・・HARUSAMEタイムマシンに呑りましょうか?