スタッフブログ

スタッフブログ一覧

2017.10.04

黒木本店 蔵元見学記 (前編)

(前編)
1.はじめに
2.黒木本店と尾鈴山蒸留所について
(後編)
3.甦る大地の会
4.最後に

1.はじめに
cover page and osuzuyama-01
焼酎を飲んだことがある人なら「上の写真の焼酎のどれかは見たことがある」ほど、多くの有名銘柄を造っている黒木本店。製造規模が大きい蔵ではありますが、その随所にcraftmanshipを感じさせる、手造りの蔵でした。


P8246678
専務 黒木信作さん(1988年生まれ)
数年前に蔵を継がれ、昨年は『球』という和食・イタリアン・フレンチなど幅広い食事に驚くほど合う芋焼酎を造られました。今回の蔵見学は信作さんと、黒柳さんの御二方にしていただきました。

P8246680

2.黒木本店と尾鈴山蒸留所
すべて「黒木本店」というくくりで覚えられがちですが、実は「黒木本店」と「尾鈴山蒸留所」という二つの蔵に分かれます。


黒木本店    
IMG_2453
銘柄:㐂六、たちばな、
球、爆弾ハナタレ、中々、百年の孤独、野うさぎの走り

黒木本店では上記の焼酎が造られておりますが、中でも圧倒的な存在感を見せていたのは麦焼酎『百年の孤独』の貯蔵庫!貯蔵庫には様々なヴィンテージの樽が並んでおり、これをブレンドされたものが百年の孤独は誕生します。(年により、違いが楽しめるのもいいところです!)

P8246686
すでにインスタ映えするこの貯蔵庫ですが、今後はさらに「魅せる」ことを意識した新しい貯蔵庫に生まれ変わる予定だそうです。

もちろん、百年の孤独以外にも焼酎は造られており、今回訪問させていただいたときにはちょうど、㐂六の仕込が行われておりました!
P1186750
一次もろみの様子。この甕が並ぶ部屋に入ると、甘酸っぱい香りが広がっていて、なんとも言えない幸せな気分になります。


二次もろみ
ふつふつと発酵を続けるモロミからは、甘く官能的な青りんごやバナナ、ケーキを思わせる香りが漂い、全身の力が抜けるようでした。甕ごとに発酵日数が異なっていましたが、そのどれもが似ているけど明らかに違い、「酵母が中で頑張ってるんだな~」と思わせるようでした。



黒木本店を後にし、続いて尾鈴山蒸留所へ
黒木本店から車で30分ほど走ったところにある尾鈴山の中に、蒸留所は位置しています。


尾鈴山蒸留所
imo-01
銘柄:山ねこ、山猿、山翡翠、天嵐坊
特徴:

・全量手麹
・木桶仕込
・仕込み水は尾鈴山を流れる水(超軟水)
・「酵母の蔵」と「人の蔵」

IMG_2462
山の中にひっそりとある尾鈴山蒸留所。
見た目はどこかウィスキー蒸留所のような、あるいは密造酒をつくる海外の蒸留所のような、とても雰囲気がある建築でした。

この尾鈴山蒸留所には蔵建物がふたつあり、「微生物の蔵(麹造り、一次・二次発酵)」と「人の蔵(蒸留)」と機能ごとに分かれています。
(この蔵の呼び名は正式なものではありません)

<微生物の蔵>
P8246710
間接照明でシックにまとめ上げられた微生物の蔵は、しーんとした静けさがありました。

P1186791
木桶に使われている木は、宮崎県日南市の飫肥杉(おびすぎ)。お水だけでなく、こうしたところにも地元性が表れています。

<人の蔵>
IMG_2464
一方で「人の蔵」には自然光が入り込み明るい雰囲気に。ここで蒸留された焼酎は、近くの貯蔵庫へと運ばれ、2年以上寝かされた後、出荷されます。まろやかな口当たりなのも、この貯蔵あってこそ。

P8246717
貯蔵庫へ歩くと、すぐ横に流れる川の音が涼し気

P8246718
ぎっしりと並ぶタンク。こうした幅のある貯蔵(製造方法が全て一緒なわけではない)があるからこそ、ブレンドしたり、ベストタイミングを見て出荷することができ、毎年おいしい焼酎を送り出せるんだなーと納得。


一通り見せて頂き、一休み



P8246715
冷えた仕込み水。超軟水でまろやか。美味ひ・・・。

P8246713
お水を飲みながら見える風景。蔵にテラスがあることもお洒落でしたが、置いてあるものも絵になり過ぎて、焼酎蔵にいる気がしませんでした(笑)


ここまでの前編では、蔵の施設、自然環境などをお伝えいたしました。後編では、黒木本店が取り組んでいる循環農法についてご紹介いたします。

2017.06.13

メディア掲載情報 -日本政府観光局 オーストラリア事務所-

2017年5月31日 ―掲載―

オーストラリア 日本政府観光局(JNTO)のホームページにはジャンル別に日本の紹介記事が掲載されていますが、こちらで当店が紹介されました。「Cuisine(食)」の部門で、英語スタッフがいる日本酒の専門店として、下記のように紹介をしていただきました。



外国に赴く方、あるいは外国人の方に日本酒を紹介したいという方、ご来店の際はお気軽にお申し付けください。

2017.02.06

冬の焼酎のすすめ。

伊勢五本店、千駄木店舗スタッフがお勧めする焼酎特集!


スタッフ田沼作成

2016.11.30

【黒龍】まとめ

蔵近くを流れる九頭竜川(とその昔の呼名「黒龍(クツレウ)川に由来する黒龍、九頭龍。黒龍は冷を、九頭龍は燗をお勧めしております。

kokuryu

九頭龍と黒龍の比較表です!スペック上の違いをまとめてあります。
九頭龍 比較

こちらは黒龍。
黒龍 比較2
商品ごとの味の違いは、作成次第、随時更新いたします。


黒龍酒造Official Website

【関連まとめ記事】
No.6
・Colors
村祐

2016.11.30

新政 カラーズ まとめ

秋田の酒米の個性を味わっていただくための火入れシリーズ"カラーズ"。

個々の酒米の魅力を最も発揮する精米歩合で醸造し、適切な火入れ処理を行うことでその特徴をそのままに固定する。「新政」の味わいを安定的に余すところなく楽しめる最もスタンダードなラインである。なお「無圧なかどり」は、上槽時の酒へのダメージが最小 限に抑えられており、ヴィンテージとしての保管に最適である。
(なお以下では、弊店で取扱いのあるものを掲載しております。)

新政3


こちらは精米歩合と使用されているお米の簡易まとめです!
新政2

以下の画像では、お酒ごとに使われているお米、そのお米の系譜、定価をまとめた画像を記載しております。なお、中取りの価格は画像下部に記載しております。ご了承ください。


新政のスタンダードとなるラピス
lapis
(2016年11月現在、ラピス中取りは1,806円(税抜))


綺麗な乳酸が光るエクリュ
新政 横 エクリュ
(2016年11月現在、エクリュ中取りは1,463円(税抜))


華やかかつ力強い味わいのヴィリジアン
新政 横 ヴィリジアン
(2016年11月現在、ヴィリジアンは2,315円(税抜))


木桶で仕込まれているコスモス

新政 -コスモス
(2016年11月現在、生酛木桶仕込は3,241円(税抜))

なお、今回使用されている画像データは新政酒造に許可を得て使用しております。新政酒造さん、ありがとうございます。

新政酒造Official Website


【関連まとめ記事】
No.6
黒龍
村祐

2016.11.30

新政 No.6まとめ

No.6 (ナンバーシックス)は新政酒造が造る生酒です。


まずは、シリーズごとのおおまかな違いから。

Colors ・・・ 火入れ。商品ごとにお米が決まっている。

No.6  ・・・ 生酒。通常「吟の精(麹米)」「酒こまち(掛米)」を使っているが、お米のできにより別の酒造好適米に変更されることもある。


6-01


蔵元コメント

新政の唯一の定番生酒。6号酵母の魅力をダイレクトに表現することを目的に醸造される ラインが「NO.6(ナンバーシックス)」である。

本来、日本酒の生酒は冬の新酒から翌年の春先まで、つまり気温が低い時期のみ出荷するのが妥当といえる。無殺菌で酵素も失活されていない日本酒の生酒は、6度以下、つまり 冷蔵庫の中でしか品質を維持できない。このため温暖期における出荷は、変敗リスクが 高いため、避けられてきたのである。

しかし「NO.6」は、蔵内でのマイナス5度以下の貯蔵管理体制、そして厳選された銘酒専門店のみで販売することで、鮮度の高い生酒、それも市場においてもたいへん珍しい生酛純米の生酒を、通年でお届けすることを可能にしている。



R-type

r-type
レギュラータイプ  価格 1,259円(税抜)

Essence(=中取り)  価格 1,491円(税抜)


S-type

s-type
レギュラータイプ 1,574円(税抜)
Essence     1,806円(税抜)


X-type

6-02

レギュラータイプ  2,296円(税抜)
Essence      2,528円(税抜)


Xmas-type

xmas-type
クリスマスタイプは入荷次第、随時更新いたします。中目黒、千駄木店の両方で発売予定です。


*「NO.6」の取り扱いについて
日本酒の生酒は、生鮮食品と同等の代物です。開封前後に関らず必ず常時冷蔵保管してください。一般的性質として長期保管には向いておりません。


新政酒造Official Website


【関連まとめ記事】
Colors
黒龍
村祐


2016.09.22

恵比寿麦酒祭り2016に参加してきました!

 先日紹介した『恵比寿麦酒祭り2016』に伊勢五本店スタッフ数名で参加してまいりました!
IMG_5970 (1)

ビールのお供、ピザもソーセージも赤ワイン煮込みも美味でした(´゚Д゚`)ンマッ!! 
IMG_5967

あいにくの雨でしたが会場には人、人、人!外で飲むビールは格別でした♪

IMG_5968

また会場には男性のみならず、多くのビール女子も見受けられました(^^)
IMG_5969
ビール女子といえば、こんなサイトが⇒『ビール女子
男子が読んでも楽しい記事が多いです。結構小ネタがたくさんです!

こちらのイベントが開かれた恵比寿ガーデンプレイスは、一人で行っても誰かと行っても楽しい店が多そうでした。今週木曜や週末のご予定がまだな方、こちらをぜひチェックしてみてください

2016.09.22

外国人向けイベント Sake Nightを開きました♪

先日、世界の旅行者がホームステイするシェアハウス、LOCALIFEにて、外国人向けの日本酒の会を開催いたしました!
P9173590
ロシア、エジプト、スイス、アメリカ、中国、スペイン、etc.、色々な国から集まり計12種類の日本酒を飲んでもらいました!日本酒は外国の料理とも合う、ということを伝えたく、各国の料理をつくってお出迎え。

P9173602
コンセプトは『日本酒の歴史を飲む』ということで、昔ながらの銘柄からたびたび雑誌に取り上げられるような銘柄までプレゼンテーションと同時進行で飲んでもらいました。

P9173535
プレゼンテーションを始める前に飲んでもらったロ万は"It's sweet, but sophisticted as well(甘いけど、洗練されてるよね)."Is it actually from Fukushima? Niiiice.(これってフクシマからなの?いいね~!"など、自由な感想を交わしながら飲んでいました。

P9173628
鳳凰美田を飲みながら"What's the aroma? You feel it?(この香りなんだろ?わかる?" "It's so fruity, it's like,,, melon? yeah? I feel some pineapple too.(フルーティだよね、なんていうか、メロンかな?あとパイナップルもあるね"など含み香を楽しんだり、新政を飲みつつ「甘いの苦手だけどこれはいいね!」など、単に「美味しい!」だけで終わらない真剣な様子でした♪

P9173609
澤屋まつもとを飲みつつ、'It's not just dry.(単にスッキリしているだけじゃない)'と、繊細なところにも惹かれていたふたり。

P9173571
ドライなスパークリング(七賢)を初めて飲んだり、そもそも日本酒にスパークリングがあることも知らなかったりと、日本酒の幅の広さに驚いていました。

P9173583
プレゼンテーションに真剣に耳を傾けてくれた参加者たち。

Sakeの美味しさのみならず、(そして清酒だけなく焼酎も含め)より広い部分も伝えられる酒屋を目指して、今後もこうした活動を定期的に開催してまいります。蔵元さんの協力も得ながら開催していくので、その様子もまた今後紹介していきたいと思います。

2016.08.13

夏季休業のお知らせ

いつもお世話になっております。

誠に勝手ながら下記の期間を休業とさせて頂きます。


【千駄木店】

814()18(木)

 【中目黒店】

815日(月)~19日(金)

ご不便、ご迷惑をおかけ致しますが、何卒お願い申し上げます。

2016.04.15

焼酎の前割 第1弾 <結果報告>

いつもブログを読んでいただいている皆さま、ありがとうございます。以前に行った前割り焼酎の試飲提供の報告が遅れてしまいましたが、そのご報告です!

「水割り、お湯割りにするなら水の硬度は仕込み水と同じぐらいがベスト」

果たしてこれは本当だろうか。いや、本当だとしても自分で確かめたい!ということで開いた前回の前割実験ですが、結論から申し上げますと

1.硬水(エヴィアン)で仕込むと焼酎が持っている香ばしさが引き立つ

2.軟水(南アルプスの天然水)はより優しい口当たりになる

というようになりました。意外や意外、硬水も全然いける。いや、かなり美味しい。なんで軟水のみが常識になっているんでしょう?

芋焼酎が持つ香ばしさをもっと引き立てたい!!と、そんなときは硬水を使って仕込むのもアリかもしれません。もちろん硬水が合わない場合もあると思いますが、失敗しながら自分の好みを見つけるのもまた、ひとつのお酒の楽しみだと思います。ぜひ、自由に飲んで、自分だけのお酒体験をお楽しみください!

千駄木スタッフ 小原