スタッフブログ

2015.07.14

「リュードヴァン」テイスティングイベントに参加しました!

 「リュードヴァン」テイスティングイベントに参加しました!

7月8日、銀座駅近く長野県のアンテナショップ『銀座NAGANO』で開催されたイベントに参加してきました!こちらのアンテナショップではシリーズで県内のワイナリーをお招きしているとのこと、今回は「ワイナリーがやってきた!『Rue de Vin リュードヴァン』 ワイン会」。ゲストは千曲川ワインバレーに位置する長野県東御市より、日本が誇るワイナリー「リュードヴァン」の小山英明さん。 ソムリエを目指して勉強中の男性スタッフ(27歳)と、ワインの魅力に目覚めた乙女スタッフ(2×歳)でお伺いしました。
リュード ヴァン 代表 小山 英明さんとご一緒に。
【Rue de Vin-リュードヴァン‐】
緑豊かな長野県東御市で、葡萄の木を植え、葡萄の栽培から醸造・販売まで一貫して行っていらっしゃるワイナリー。この地は、かつて林檎の木が一面に植えられた美しく豊かな農園だったそうです。しかし農業従事者が減少し、手入れされなくなった農園は荒れ果て、雑林になってしまいました。小山氏は元の豊かな農地を取り戻そうとワイン造りをはじめました。現在、小山氏の手で蘇った葡萄畑ではシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールなどが植えられ、男性女性問わず人気のワインが造られています。
本日試飲をしたワインは、
◆巨峰スパークリング
◆ポム・ドール
◆ソーヴィニヨン・ブラン2014
◆シャルドネ2014
◆ドゥー・ローブ・ヴァイオレット2013
◆カベルネ・ソーヴィニヨン2013
 
小山氏からお話を伺う中で感じたこと…
それは、『ワイン1本1本に、造り手の熱い想いや今までの軌跡が詰まっている』ということ。
荒野から土地を立て直して一から葡萄の栽培を行い、丹精込めて作った自社栽培の葡萄のみでワインを醸造することは、決して簡単な事ではなく、揺るぎない自信とこだわりと信念を持ち続けているからこそできることではないかと思います。造り手の利益の為ではなく、本当に美味しい高品質なワインを今後も造り続け、日本のワインのあり方を変えていきたいとおっしゃっておりました。
『日本のワイン醸造は、良いものを造ろうとしているが、次世代に繋げることはなかなかできていない。それを変えていきたい。』
と語る、小山さん。
当店へいらっしゃるお客様へその想いを届け、ワインの魅力を存分に知っていただくのは私たちの役目です。
まだまだ勉強中の未熟者ですが、熱意は120%以上!
これからも、皆様に造り手の想い、商品の良さを発信していけるよう、日々精進していきます。
 
最後に…
スライドで醸造場や畑が映し出されていましたが、本当に美しい葡萄畑でした!
その映像を見て、こんなにのどかできれいなところでリュードヴァンの葡萄が育ち、ワインは造られているんだ!と知り、発酵オタクの私は帰りもドキドキとわくわくが止まりませんでした。
(その夜、スーパーでブドウを買って帰りました。)
 
☆★ Rue de Vin -リュード・ヴァン- 様の詳しい情報はコチラから ★☆
公式ホームページ http://ruedevin.jp/
 
伊勢五本店では、リュード・ヴァンの商品を約6アイテム取り扱っております。
ぜひお立ち寄りください。
※アイテムによって品切れの場合がございます。
 
店舗スタッフ
越智